あなたの在宅介護をラクにする!


※ベッド、車椅子など人気の介護用品が格安で!

 

行政や業者との連携

介護にしろ育児にしろ、「密室」の中でのそれは、主介護者の
精神的負担を増大させますし、介護者にとっても刺激のない生活を
送らせることになってしまいます。

 

そのため、在宅で介護をするにしても、行政や業者との連携は必須です。

 

 

「頼れるところ」の確保

行政や業者との連携をとる、ということは、「頼れるところ」を確保する、
ということにほかなりません。

 

主介護者が疲れたり、休みたい、遊びたいと思った時に、
気軽に頼める場所を持っておくのですね。

 

実際に使うことは少なくても、「いざとなればお願いできるところがある」
ということは、それだけでストレスの軽減に繋がります。

 

 

金銭的な問題

しかし、「行政や業者との連携を」と口では言っても、金銭的な問題を
心配する声もあるでしょう。

 

業者はともかく行政の場合は、補助金の支給があったり
格安で支援してくれたりと、むしろプラスになることが多いです。

 

何よりも、行政にしろ業者にしろ、相手はプロです。
わからないことや不明点のみならず、介護者の不満を聞き、
対応してくれます。

 

このように、「密室」「一対一」「自分だけ」という負担や苦しさから
解放してくれ、プロの技術を間近でみることができる、という意味で、
行政や業者との連携は非常に有意義です。

 

介護は一人でやるものではないし、できるものではないし、しようとする
ものではありません。
いろんなひとや機関の助けを借りて行っていくものです。

 

わからないことや不安なことがあったら周りに相談する、というクセを
つけておきたいものですね。



 

 

介護の悩みは1人で抱えないで!

介護


在宅介護を行うといっても、誰の助けも借りないというのは、

かなり大変ですし、どうしても途中でつらくなってしまいます。


介護は長く続くものですし、無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

介護サービスや介護付き老人ホームなどを利用するのも1つの方法だと思います。


もし、気になっているなら、一度お近くの施設やサービスから資料請求などしてみるといいですね。


その上で、よいと思えば活用すればいいですし、合わないと思うなら辞めればいいので。

大事なことは自分1人で悩みを抱えず、そして無理をせず、長期的に見て一番ベストな方法を選ぶことです。


絶対に「自分1人が我慢すればいい」という状態はダメです。

下記のホームページでは、お近くの介護付き老人ホームが簡単に検索できるので、よかったらチェックしてみてください。

 


>> 私も無料で介護の相談に乗ってもらう。