あなたの在宅介護をラクにする!


※ベッド、車椅子など人気の介護用品が格安で!

 

在宅介護を『選べる』環境

在宅介護は、いまや「当たり前」ではありません。
むしろ、「在宅介護を『選べる』環境」かどうかを考えなければいけない
状況になっています。

 

金銭的余裕のなさから、在宅介護を「選ばなければならない」状況に
ある家庭もあるかとは思いますが、そのような場合、周囲の手助けや
サポートが万全でないと、行き詰る可能性が非常に高いです。

 

 

在宅介護が可能な家庭

在宅介護を『選べる』環境としては、以下の4つが最低条件になります。

 

・ 金銭的余裕がある
・ 周囲の理解がある
・ 在宅介護を円滑に進めるための知識がある
・ 主介護者にとってかわれるノウハウのある副介護者がいる

 

これはいずれも欠かすことのできない大切な要素です。

 

まず、金銭的余裕についてです。
金銭的余裕があれば、
ショートステイやデイサービスを複数回利用できます。
在宅で見られなくなったとき、有料老人ホームを選ぶことも可能です。

 

もっとも大切なのが、周囲の理解。
つまり、主介護者が「一人」にならない環境作りですね。

 

 

知識とノウハウ

知識とノウハウに関しては、「在宅介護は精神論では上手くいかない」と
いう言葉の証明でもあります。

 

市町村からの援助、円滑なサービス、そして主介護者がいないときの
介護の知識。
これらのものと周囲の理解があれば、金銭的余裕があまりなくても、
在宅での介護は可能でしょう。

 

在宅介護に踏み切る前に、「在宅介護を『選べる』環境であるかどうか」を



 

 

介護の悩みは1人で抱えないで!

介護


在宅介護を行うといっても、誰の助けも借りないというのは、

かなり大変ですし、どうしても途中でつらくなってしまいます。


介護は長く続くものですし、無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

介護サービスや介護付き老人ホームなどを利用するのも1つの方法だと思います。


もし、気になっているなら、一度お近くの施設やサービスから資料請求などしてみるといいですね。


その上で、よいと思えば活用すればいいですし、合わないと思うなら辞めればいいので。

大事なことは自分1人で悩みを抱えず、そして無理をせず、長期的に見て一番ベストな方法を選ぶことです。


絶対に「自分1人が我慢すればいい」という状態はダメです。

下記のホームページでは、お近くの介護付き老人ホームが簡単に検索できるので、よかったらチェックしてみてください。

 


>> 私も無料で介護の相談に乗ってもらう。