あなたの在宅介護をラクにする!


※ベッド、車椅子など人気の介護用品が格安で!

 

介護認定

介護認定をうけると、様々なメリットがあります。
一番大きいのが、やはり「金銭的な援助がある」という点でしょう。
「種類はどんなものがある?」でも触れた「要介護度」と
あわせて御覧頂くと分かりやすいかと思います。

 

 

認定を受けるための手順

まずは介護認定をうけるための手順を紹介しましょう。

 

1 市町村に要介護認定申請を行う
2 調査員による認定調査と主治医による意見書の作成が同時進行する
3 一時判定のあと、5名以上で会議したのち、最終判定が下される
4 結果が通知される

 

とにかく、まずは市町村に問い合わせをすることからスタートです。
あちらはプロですから、「要介護認定を受けたいのですが」と切り出せば、
親切に教えてくれるでしょう。

 

 

金銭的補助はどれくらいか

認定を受けると、月単位で金銭補助を受けることが出来ます。

 

まず要支援1の場合は4970円。
要支援2と要介護1の場合は10400円。
ほかに重度があがるいに従い、16580円、19480円、
26570円、30600円、35830円......と増えていきます。

 

要介護認定を受けるということは、ただ単に
「金銭的負担を軽減できる」ということだけに留まらず、
「地域の目があり」「市町村が手助けしてくれる」
ということを実感できる機会でもあります。

 

積極的に利用した方がよいでしょう。

 

尚、調査票の記入時間は30分〜1時間とかなり短時間ですみますから、
手間や時間を割かれるかも......という心配はほとんどありません。



 

 

介護の悩みは1人で抱えないで!

介護


在宅介護を行うといっても、誰の助けも借りないというのは、

かなり大変ですし、どうしても途中でつらくなってしまいます。


介護は長く続くものですし、無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

介護サービスや介護付き老人ホームなどを利用するのも1つの方法だと思います。


もし、気になっているなら、一度お近くの施設やサービスから資料請求などしてみるといいですね。


その上で、よいと思えば活用すればいいですし、合わないと思うなら辞めればいいので。

大事なことは自分1人で悩みを抱えず、そして無理をせず、長期的に見て一番ベストな方法を選ぶことです。


絶対に「自分1人が我慢すればいい」という状態はダメです。

下記のホームページでは、お近くの介護付き老人ホームが簡単に検索できるので、よかったらチェックしてみてください。

 


>> 私も無料で介護の相談に乗ってもらう。