あなたの在宅介護をラクにする!


※ベッド、車椅子など人気の介護用品が格安で!

 

高齢者施設とは

高齢者施設と一口に言っても、その種類は実に様々です。
連想しやすい「有料老人ホーム」という単語であってさえ、
「介護つき」「住宅型」「健康型」と3つにわかれており、
価格もピンキリです。

 

ただ、有料老人ホームは「有料」であるが故、
比較的入所がしやすく、
老後の資金を十分に確保しているひとの場合は
非常に相性がよいでしょう。

 

ほかにも、リハビリテーションに重きを置いた「介護老人保健施設」、
疾患もちのひとが中心の「介護療養型医療施設」、
認知症(痴呆症)のひとが共同生活を営む「グループホーム」、
生活支援のみの「ケアハウス」などがあります。

 

 

特別養護老人ホームとは

ときどき、「老人ホームに入所できない」という言葉を耳にしませんか?
ここで言う「老人ホーム」「高齢者施設」は、
主に特別養護老人ホームを指します。

 

これは公共団体か社会法人しか運営できませんが、公費が支給されるため、
ほかの施設より安価なことがおおいです。

 

そのためか、全国平均で入所率は99パーセントを誇り、
待ち時間が年単位なのです。

 

 

在宅介護と高齢者施設

「在宅で見よう」と考えているひとと
高齢者施設との付き合い方でメジャーなのは、
やはり「ショートステイ」という形でしょう。

 

「基本的には家で見るけれど、介護者に用事があるときは一時預かりを利用する」
という形態のことです。
また、リハビリテーションなどで利用するのもよいでしょう。

 

肝心なことは、「自宅で見るから」と言って、「高齢者施設を利用しない」と
思いつめる必要はない、ということです。



 

 

介護の悩みは1人で抱えないで!

介護


在宅介護を行うといっても、誰の助けも借りないというのは、

かなり大変ですし、どうしても途中でつらくなってしまいます。


介護は長く続くものですし、無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

介護サービスや介護付き老人ホームなどを利用するのも1つの方法だと思います。


もし、気になっているなら、一度お近くの施設やサービスから資料請求などしてみるといいですね。


その上で、よいと思えば活用すればいいですし、合わないと思うなら辞めればいいので。

大事なことは自分1人で悩みを抱えず、そして無理をせず、長期的に見て一番ベストな方法を選ぶことです。


絶対に「自分1人が我慢すればいい」という状態はダメです。

下記のホームページでは、お近くの介護付き老人ホームが簡単に検索できるので、よかったらチェックしてみてください。

 


>> 私も無料で介護の相談に乗ってもらう。