あなたの在宅介護をラクにする!


※ベッド、車椅子など人気の介護用品が格安で!

 

在宅介護に必要なもの

「在宅介護に必要なもの」は当サイトの最後のコンテンツです。在宅介護に必要なものは見えてきたと思いますが、介護者への気配りを中心に統括していきます。介護者にとっても要介護者にとっても実りある在宅介護になりますように。

 

在宅介護に必要なもの記事一覧

介護にしろ育児にしろ、「密室」の中でのそれは、主介護者の精神的負担を増大させますし、介護者にとっても刺激のない生活を送らせることになってしまいます。そのため、在宅で介護をするにしても、行政や業者との連携は必須です。「頼れるところ」の確保行政や業者との連携をとる、ということは、「頼れるところ」を確保する、ということにほかなりません。主介護者が疲れたり、休みたい、遊びたいと思った時に、気軽に頼める場所...

「先が見えている病気なら頑張れる。だけど、先が見えないからもう無理だ、看られない」これは、私が実際に聞いた在宅介護の主介護者の言葉です。この言葉を聞いて、この介護者を、「ひどい」「親の死を望むのか」と言うことはできるでしょうか?私は、「できない」と即答します。統計と数字「介護疲れ」は大きな問題です。実際、統計を見ていくと、「年間の自殺者のうち、約1パーセントが介護疲れを理由に自殺している」というこ...

在宅介護をする中で、欠かせないものはやはり家族の理解です。これも再三触れていますが、これがないと、在宅介護は成り立ちません。ここでは、「言ってはいけないこと」「言われて嬉しかったこと」を見ていきましょう。嬉しかったこと「何時間でも愚痴を聞いてくれる」「『いつもありがとう』と言ってくれる」「どこかに出かけたい、といえば、快く送り出してくれる」「『技術はないけど、何かできることはありますか』と聞いてく...

在宅介護、と言うと、要介護者の方に焦点がおかれがちで、しばしば介護者への接し方はおざなりにされてしまいます。しかし細く長く介護を続けるには、介護者への接し方というのは非常に大きく、重要なファクターになってきます。接し方の具体例このサイトで何度も触れていますが、基本的には介護者への接し方というのは、「たとえ自分では手助けができなくても、常にいたわりと感謝の気持ちを持って接する」ということに尽きます。...

介護の悩みは1人で抱えないで!

介護


在宅介護を行うといっても、誰の助けも借りないというのは、

かなり大変ですし、どうしても途中でつらくなってしまいます。


介護は長く続くものですし、無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

介護サービスや介護付き老人ホームなどを利用するのも1つの方法だと思います。


もし、気になっているなら、一度お近くの施設やサービスから資料請求などしてみるといいですね。


その上で、よいと思えば活用すればいいですし、合わないと思うなら辞めればいいので。

大事なことは自分1人で悩みを抱えず、そして無理をせず、長期的に見て一番ベストな方法を選ぶことです。


絶対に「自分1人が我慢すればいい」という状態はダメです。

下記のホームページでは、お近くの介護付き老人ホームが簡単に検索できるので、よかったらチェックしてみてください。

 


>> 私も無料で介護の相談に乗ってもらう。