あなたの在宅介護をラクにする!


※ベッド、車椅子など人気の介護用品が格安で!

 

在宅介護の現実

在宅介護の現実は、決して簡単なものや優しいものでもなければ綺麗なものでもありません。問題点もたくさんあります。末期がんや認知症(痴呆症)といった過酷な状況から見えてくる、在宅介護の現実とは?

 

在宅介護の現実記事一覧

日本人の死因のNO1は悪性腫瘍。簡単に言えば、「がん」です。友人、知人、親戚、それから職場関係。その全てを見渡しても、「がんで亡くなったひとはいない」というひとは極めて稀でしょう。自宅での介護病院で手の施しようがない状態になっている場合、「最後のときを自宅で」と希望する末期がんの患者さんもいるでしょう。末期がんの場合、良きにつけ悪しきにつけ、「先の見えている介護」です。そのため、普通の介護とは少し...

誤解を恐れずに言うのなら、認知症とどう向き合うか、というのは、もっとも難しい問題です。どんな病気よりも残酷だと思う、というのは、認知症とどう向き合うかを考え、実際に介護していたひとの意見です。では、何が残酷なのか。それを見ていきましょう。「『家族』でなくなっていく...」高校生という多感な時期に、祖母の痴呆が始まり、それを間近で見ていたひとが言うには、「もっともつらいのは、『家族』が『家族』でなく...

在宅介護の現状はどうなっているのでしょうか。個別の例だけでは片手落ちですから、ここでは、統計を基にした「数字」を見ていきたいと思います。「嫁が看るもの」はもう古い?!今から何十年も前は、「親の老後は嫁が看るもの」「長男坊の嫁が介護する」が常識でした。しかし今や、この図式や考えは時代遅れになっています。現在、介護者の中でもっとも多いのは「配偶者」であり、そのあとに「子供」が続きます。しかし第3位には...

「自分の親なのだから、自分で面倒をみたい」という気持ちを持つ人は少なくありません。しかし在宅介護の問題点は把握しておきましょう。在宅介護に向き合い、取り組み、そして見送った人やプロは、口をそろえて言います。「在宅介護は、精神論だけではやっていけない」と。体力、時間在宅介護の問題点として置き去りにされがちなのが、体力の問題です。相手は子供ではないのですから、かなりの体重があります。家がバリアフリーで...

介護の悩みは1人で抱えないで!

介護


在宅介護を行うといっても、誰の助けも借りないというのは、

かなり大変ですし、どうしても途中でつらくなってしまいます。


介護は長く続くものですし、無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

介護サービスや介護付き老人ホームなどを利用するのも1つの方法だと思います。


もし、気になっているなら、一度お近くの施設やサービスから資料請求などしてみるといいですね。


その上で、よいと思えば活用すればいいですし、合わないと思うなら辞めればいいので。

大事なことは自分1人で悩みを抱えず、そして無理をせず、長期的に見て一番ベストな方法を選ぶことです。


絶対に「自分1人が我慢すればいい」という状態はダメです。

下記のホームページでは、お近くの介護付き老人ホームが簡単に検索できるので、よかったらチェックしてみてください。

 


>> 私も無料で介護の相談に乗ってもらう。