あなたの在宅介護をラクにする!


※ベッド、車椅子など人気の介護用品が格安で!

 

在宅介護とは

「在宅介護とは何か」――――
こう聞いた時、多くのひとは、「自宅で面倒をみること」と
答えるでしょう。

 

そしてそれはあながち間違いではありません。
ほとんどの場合「自宅介護」と「在宅介護」は一緒にされますし、
それも一面では正しいのです。

 

しかし「自宅介護」とは一点だけ違うところがあります。
それを見ながら、「在宅介護とは何か」を追っていきましょう。

 

 

施設利用も含まれる?!

在宅介護とは、ただ単に「自宅介護」のことだけを指すのではありません。
老人ホームやケアハウスといった施設の利用のことも含みます。
上のような施設が「生活する場所」として認識されているからです。
ここで受ける介護サービスというのも該当するわけです。

 

その意味では、厳密に分けると、
「在宅介護」と「自宅介護」は少し違います。

 

 

自宅で介護するときのポイント

老人ホームなどの場合、介護者はプロであり、金銭が発生しています。

そのため、ある意味家族の負担というのはかなり少ないです。
金銭的負担以外には、精神的にも時間的にも割と余裕があるのですね。

 

しかし同じ「自宅介護」の場合、
なかなか難航するケースもあるでしょう。
本来はプロに頼むところを、
自分達で行おうとするのですから当然です。

 

そのため、これらとセットで利用するひとが多いのが、訪問介護です。

 

詳しくは後述しますが、この訪問介護を利用しないとすると、
自宅での介護はかなり厳しいものになってしまいます。


 

 

介護の悩みは1人で抱えないで!

介護


在宅介護を行うといっても、誰の助けも借りないというのは、

かなり大変ですし、どうしても途中でつらくなってしまいます。


介護は長く続くものですし、無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

介護サービスや介護付き老人ホームなどを利用するのも1つの方法だと思います。


もし、気になっているなら、一度お近くの施設やサービスから資料請求などしてみるといいですね。


その上で、よいと思えば活用すればいいですし、合わないと思うなら辞めればいいので。

大事なことは自分1人で悩みを抱えず、そして無理をせず、長期的に見て一番ベストな方法を選ぶことです。


絶対に「自分1人が我慢すればいい」という状態はダメです。

下記のホームページでは、お近くの介護付き老人ホームが簡単に検索できるので、よかったらチェックしてみてください。

 


>> 私も無料で介護の相談に乗ってもらう。