あなたの在宅介護をラクにする!


※ベッド、車椅子など人気の介護用品が格安で!

 

費用証明書

在宅介護で、訪問介護や一時預かりを使用した場合、医療費の控除を
受けることが可能です。

 

それには「費用証明書」が必要になってくるのですが、
これはどんな場合に、どのようにして、
どこから交付してもらえるのでしょうか?

 

 

どんなサービスを利用したら対象になるのか

対象となる在宅サービスには、たくさんの種類があります。

 

まずは訪問看護と訪問介護。
それから訪問のリハビリテーション。
療養管理指導や、予防のための指導も含みます。
また、専門施設へ「通って」リハビリテーションを行う場合も該当します。

 

最後に、いわゆる一時預かりなどの短期入所を受けた場合も
対象になるということを覚えておきましょう。

 

これらのいずれかを受けていれば、
費用証明書を交付してもらうことにより、
医療費軽減の措置がうけられます。
尚、余談ですが、老人ホームに長期入所している場合も該当します。

 

 

どこに頼めばいいの?

医療費控除の手続きをするために必要なこの費用証明書は、
「サービスを提供している業者」から交付してもらえます。
額面を書いた物を受け取るわけですね。

 

これらを記載した確定申告書を税務署に納めることで、
医療費の控除を行うことができるのです。

 

介護にかかるお金というのは、在宅であっても膨大なものになります。
これらの手続きをしないと、介護が家計を圧迫しかねません。
わからないことは税務署に問い合わせれば丁寧に教えてもらえますし、
担当のケアマネージャーに聞くのもいいでしょう。


 

 

介護の悩みは1人で抱えないで!

介護


在宅介護を行うといっても、誰の助けも借りないというのは、

かなり大変ですし、どうしても途中でつらくなってしまいます。


介護は長く続くものですし、無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

介護サービスや介護付き老人ホームなどを利用するのも1つの方法だと思います。


もし、気になっているなら、一度お近くの施設やサービスから資料請求などしてみるといいですね。


その上で、よいと思えば活用すればいいですし、合わないと思うなら辞めればいいので。

大事なことは自分1人で悩みを抱えず、そして無理をせず、長期的に見て一番ベストな方法を選ぶことです。


絶対に「自分1人が我慢すればいい」という状態はダメです。

下記のホームページでは、お近くの介護付き老人ホームが簡単に検索できるので、よかったらチェックしてみてください。

 


>> 私も無料で介護の相談に乗ってもらう。