あなたの在宅介護をラクにする!


※ベッド、車椅子など人気の介護用品が格安で!

 

在宅介護協会

2013年現在、介護の形もさまざまあり、自らの、また周囲の環境から
最適だと思われる介護形態を選ぶことが可能になりました。

 

しかし形態が多岐に渡れば、それを管轄する団体も必要になってきます。
それは在宅介護であっても同じことです。
そこで、それをとりまとめるものとして、「在宅介護協会」があります。
今回は、この在宅介護協会について見ていきましょう。

 

 

何を目指す団体か

在宅介護協会は、社会法人の一つです。

 

協会が掲げる目的・理想は以下の3つです。

・ 介護サービスを向上させ、充実させること

・ 「在宅介護」という考えを、一般に普及させ、啓蒙すること
・ 民間業者の健全な育成と、高齢化社会に貢献すること

 

これらを目的に、全地域に支部を設け、活動しています。

 

 

どんな活動をしているのか

在宅介護協会の活動の中には、講演会なども含まれます。
これは目的の、特に「啓蒙」というところにあたりますね。
これからの在宅介護を考え、介護事業がどうあるべきかの
シンポジウムなども積極的に執り行なわれています。

 

ただ、私達自身が直接在宅介護協会と接し、
関わっていくことは稀でしょう。

 

私達にとってもっとも身近なのは、協会ではなく、
むしろケアマネージャーであったり
看護士であったりするからです。

 

しかしこのような協会が存在している、
ということを知っておくというだけで
心強くもあるでしょう。
一度、目を通しておくことは決してマイナスにはなりません。


 

 

介護の悩みは1人で抱えないで!

介護


在宅介護を行うといっても、誰の助けも借りないというのは、

かなり大変ですし、どうしても途中でつらくなってしまいます。


介護は長く続くものですし、無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

介護サービスや介護付き老人ホームなどを利用するのも1つの方法だと思います。


もし、気になっているなら、一度お近くの施設やサービスから資料請求などしてみるといいですね。


その上で、よいと思えば活用すればいいですし、合わないと思うなら辞めればいいので。

大事なことは自分1人で悩みを抱えず、そして無理をせず、長期的に見て一番ベストな方法を選ぶことです。


絶対に「自分1人が我慢すればいい」という状態はダメです。

下記のホームページでは、お近くの介護付き老人ホームが簡単に検索できるので、よかったらチェックしてみてください。

 


>> 私も無料で介護の相談に乗ってもらう。