あなたの在宅介護をラクにする!


※ベッド、車椅子など人気の介護用品が格安で!

 

在宅介護とサービス

在宅介護におけるサービスには、大別して6つのものがあります。
これらを上手く組み合わせることによって介護負担は大幅に軽減されますし、
要介護者の気分転換にもなります。

 

また、プロの技術を間近でみることもできるので、
これからの介護にも役立つこと請け合いです。

 

 

直接関わるもの

介護

 

まずは要介護者に直接関わるサービスを紹介しましょう。

1つめは訪問系。

 

おそらくもっとも有名で知名度のあるサービスでしょう。
その名前の通り、自宅にプロが訪れ、介護をしてくれます。
様々な資格者によるサービスが可能で、看護といった専門的なものから、
入浴などの生活介助にいたるまで、幅広く網羅しています。

2つめは通所系。

 

老人ホームの一時預かりなどを利用します。
介護者の予定にあわせて利用することもできますし、
自己負担金も少なくので、積極的に利用したいですね。

3つめは短期入所系。

 

2つめのものの期間が延びたものです。
要介護5の認定であっても、1日の事故負担金は1000円を
切るケースがほとんどです。(宿泊費等は別)

 

 

環境を整える

介護

 

ここからのサービスは、「環境を整える」ことに
重点をおいたものになります。

1つめは居住系。

いわゆる「老人ホームの長期利用」を指します。
これは専門家がずっとみていてくれるというメリットがありますが、
反面かなり金銭的負担が大きいです。

2つめは、福祉用具などの貸与。

住宅を介護用に改修したりするリフォーム費用の
補助金措置もここに含まれます。

 

最後は地域密着型のものになりますが、これは一概に
「こういうことができる」とは言い切ることができません。
その名前の通り、地域によって格差もあるからです。

 

いずれにせよ、上手く組み合わせて利用していきたいものですね。


 

 

介護の悩みは1人で抱えないで!

介護


在宅介護を行うといっても、誰の助けも借りないというのは、

かなり大変ですし、どうしても途中でつらくなってしまいます。


介護は長く続くものですし、無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

介護サービスや介護付き老人ホームなどを利用するのも1つの方法だと思います。


もし、気になっているなら、一度お近くの施設やサービスから資料請求などしてみるといいですね。


その上で、よいと思えば活用すればいいですし、合わないと思うなら辞めればいいので。

大事なことは自分1人で悩みを抱えず、そして無理をせず、長期的に見て一番ベストな方法を選ぶことです。


絶対に「自分1人が我慢すればいい」という状態はダメです。

下記のホームページでは、お近くの介護付き老人ホームが簡単に検索できるので、よかったらチェックしてみてください。

 


>> 私も無料で介護の相談に乗ってもらう。