あなたの在宅介護をラクにする!


※ベッド、車椅子など人気の介護用品が格安で!

 

おむつ交換の精神的負担

「できるだけおむつははかせたくない、
人間としての尊厳を守ってやりたい」
という気持ちを抱くのは当然のことです。

 

しかし体の調子や加齢により、おむつに移り変わらなければいけない時が
きたとき、それにどう向き合うかを考えておかなければいけません。

 

 

金銭的負担の軽減

多くの市町村では、おむつ交換の負担を抑えるために、金銭的な補助を
行っています。
「自己負担は1割程度」「現物で支給」など多少の違いがあるので、
詳しいことは市町村に問い合わせるとよいでしょう。

 

要介護度によってもかわってきます。

 

 

もっとも大きい負担とは

しかしながら多数のひとは、「金銭的負担」を
理由に挙げることはないでしょう。

むしろ問題になってくるのは、精神的負担です。

 

子供のものと違い、大人の排泄物は強烈な匂いを放ちます。
また、ある人は、
「おむつ交換をするたびに、『あんなにしっかりした母であったのに』と
思わずにいられないところがつらい」と言います。

 

慣れればある程度ルーティンワーク化していく部分はありますが、
プロの介護福祉士であってさえ、
「お金をもらわないとできない」と語ります。

 

漏れの問題もありますし、痴呆が始まった場合、排泄物を玩具にしてしまう
ケースも多数報告されています。

 

もちろん、だからといって「在宅介護をするべきではない」という結論には
至りません。

 

ただ、「おむつ交換には大きな精神的負担が伴う」ということを、
周囲の人間が理解することは非常に大切です。


 

 

介護の悩みは1人で抱えないで!

介護


在宅介護を行うといっても、誰の助けも借りないというのは、

かなり大変ですし、どうしても途中でつらくなってしまいます。


介護は長く続くものですし、無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

介護サービスや介護付き老人ホームなどを利用するのも1つの方法だと思います。


もし、気になっているなら、一度お近くの施設やサービスから資料請求などしてみるといいですね。


その上で、よいと思えば活用すればいいですし、合わないと思うなら辞めればいいので。

大事なことは自分1人で悩みを抱えず、そして無理をせず、長期的に見て一番ベストな方法を選ぶことです。


絶対に「自分1人が我慢すればいい」という状態はダメです。

下記のホームページでは、お近くの介護付き老人ホームが簡単に検索できるので、よかったらチェックしてみてください。

 


>> 私も無料で介護の相談に乗ってもらう。