あなたの在宅介護をラクにする!


※ベッド、車椅子など人気の介護用品が格安で!

 

薬の管理

薬の管理ですが、これは「訪問介護」にはお願いできません。
その理由とあわせて、「どうやって薬の管理をするべきか?」
を追いましょう。

 

薬は少しでも間違うと大変なことになります。
在宅で介護するなら、しっかり覚えておきたいものですね。

 

 

ホームヘルパーが手助けできないわけ

例えば、「カレンダーのポケットに薬をいれておいてください」と
ホームヘルパーに頼んでも、その仕事をすることはできません。
断られるはずです。

 

というのも「薬の管理」「薬の分別」は、
薬剤師や訪問看護、あるいは家族でしか行うことができないのです。
これは資格の問題であり、法律の問題なので、動かすことはできません。

 

 

家族で管理するなら

家族で薬の管理をするなら、一番手間がかからないのが、
「一回で飲まなければいけない薬を、一つの袋にいれてもらえないか」と
薬局に依頼することです。

 

ただ、様々な理由でできないこともあるでしょう。

 

そうなると、間違えないようにピルケースなどに分別し、
日付を書いて管理するしかありません。

 

また、注意したいのが、認知症(痴呆症)のケースです。
このような場合、誤飲の可能性が大いに考えられますから、
別のところにきちんと保管しておく必要があります。

 

薬は強いものであればあるほど、副作用も大きい傾向にあります。
ただでさえ体が弱っている状況にあるのですから、誤飲は大変危険です。
それを避けるために、万全の警戒をしておかなければなりません。


 

 

介護の悩みは1人で抱えないで!

介護


在宅介護を行うといっても、誰の助けも借りないというのは、

かなり大変ですし、どうしても途中でつらくなってしまいます。


介護は長く続くものですし、無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

介護サービスや介護付き老人ホームなどを利用するのも1つの方法だと思います。


もし、気になっているなら、一度お近くの施設やサービスから資料請求などしてみるといいですね。


その上で、よいと思えば活用すればいいですし、合わないと思うなら辞めればいいので。

大事なことは自分1人で悩みを抱えず、そして無理をせず、長期的に見て一番ベストな方法を選ぶことです。


絶対に「自分1人が我慢すればいい」という状態はダメです。

下記のホームページでは、お近くの介護付き老人ホームが簡単に検索できるので、よかったらチェックしてみてください。

 


>> 私も無料で介護の相談に乗ってもらう。