あなたの在宅介護をラクにする!


※ベッド、車椅子など人気の介護用品が格安で!

 

実際の例を見る

今までは理論や数字を中心に見てきましたが、ここからは実際の例についてです。上手くいったケース、悪くなってしまったケース。薬、食事、おむつの管理など、実際の例をひき、詳しく見ていきます。

 

実際の例を見る記事一覧

ここからは実際の例を見ていきましょう。まずは、在宅介護で上手く行った家庭の話です。条件、環境家族構成は、祖父母(夫側)、夫、妻、息子3人の7人家族です。3人の息子さんは全て2歳差です。妻は大変優秀な看護士でした。ここでは、話を詳しく聞いた一番下の息子を基準に見ていきます。(敬称略)彼が14歳の頃、祖母の痴呆が始まりました。当時を振り返ると、「その時はわからないものです。箸やコップの区別がつかなくな...

さて、前項では「上手くいった例」を紹介しましたが、この例は極めて稀なケースでもあります。実際に、これほど円満にいったケースであってさえ、三男であった彼と主介護者であった妻は口をそろえて言いました。「これは、一つの家に二人の『介護のプロ』がいてこそできること。手や気の抜き方、サービスの利用の仕方を知っているから。だからこそ、お嫁さんには『私達が呆けたらよろしく』とはとても言えない。知識のない人に、そ...

薬の管理ですが、これは「訪問介護」にはお願いできません。その理由とあわせて、「どうやって薬の管理をするべきか?」を追いましょう。薬は少しでも間違うと大変なことになります。在宅で介護するなら、しっかり覚えておきたいものですね。ホームヘルパーが手助けできないわけ例えば、「カレンダーのポケットに薬をいれておいてください」とホームヘルパーに頼んでも、その仕事をすることはできません。断られるはずです。という...

薬と並んで問題になるのが、「食事はどうするか」というものです。しばらく嚥下の実習を受けていましたが、これがなかなか難しいです。相手の咀嚼状況を見ながら行う必要があるのですが、あまり時間がかかりすぎると、介護者にも要介護者にも負担が大きいです。自宅で作るなら「食事をどうするか」、その解決策には二つの方法があります。まず一つ目、「自宅で作る」です。これのメリットは、費用がとても安くてすむ点です。ただ、...

「できるだけおむつははかせたくない、人間としての尊厳を守ってやりたい」という気持ちを抱くのは当然のことです。しかし体の調子や加齢により、おむつに移り変わらなければいけない時がきたとき、それにどう向き合うかを考えておかなければいけません。金銭的負担の軽減多くの市町村では、おむつ交換の負担を抑えるために、金銭的な補助を行っています。「自己負担は1割程度」「現物で支給」など多少の違いがあるので、詳しいこ...

介護を「つらい」と感じたら、その気持ちを恥じたり自分を責めたりせず、受け止め、向き合っていきましょう。主介護者にかかる精神的負担と、それをどう解消すべきかを考えます。上手くいく家庭、上手くいかない家庭「上手くいった例」のところでも触れましたが、介護を「つらい」と感じたら、それをどう解消するのか、その手段を持っているかどうかで介護の負担は大きく違ってきます。在宅介護は、24時間休みがありません。年中...

在宅介護は、いまや「当たり前」ではありません。むしろ、「在宅介護を『選べる』環境」かどうかを考えなければいけない状況になっています。金銭的余裕のなさから、在宅介護を「選ばなければならない」状況にある家庭もあるかとは思いますが、そのような場合、周囲の手助けやサポートが万全でないと、行き詰る可能性が非常に高いです。在宅介護が可能な家庭在宅介護を『選べる』環境としては、以下の4つが最低条件になります。・...

介護の悩みは1人で抱えないで!

介護


在宅介護を行うといっても、誰の助けも借りないというのは、

かなり大変ですし、どうしても途中でつらくなってしまいます。


介護は長く続くものですし、無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

介護サービスや介護付き老人ホームなどを利用するのも1つの方法だと思います。


もし、気になっているなら、一度お近くの施設やサービスから資料請求などしてみるといいですね。


その上で、よいと思えば活用すればいいですし、合わないと思うなら辞めればいいので。

大事なことは自分1人で悩みを抱えず、そして無理をせず、長期的に見て一番ベストな方法を選ぶことです。


絶対に「自分1人が我慢すればいい」という状態はダメです。

下記のホームページでは、お近くの介護付き老人ホームが簡単に検索できるので、よかったらチェックしてみてください。

 


>> 私も無料で介護の相談に乗ってもらう。