あなたの在宅介護をラクにする!


※ベッド、車椅子など人気の介護用品が格安で!

 

支援はどんなものがある?

ほかの項でも軽く触れましたが、
今は在宅介護であってもたくさんの支援があり、
充実しています。

 

逆に言い換えれば、それだけの支援がなければ、
在宅介護を行っていくことは事実上不可能と言えます。

 

詳しくは後述の、「悪くなってしまった例」でも触れますが、
在宅介護を希望する要介護者、もしくは周りの親戚などが、
「この間旅行に行っていた」「手を抜いて楽をしようとしている」
と心ない言葉を投げかけることは決して少なくありません。

 

 

どんな種類がある?

しかし、看護士と介護福祉士が家族の中にいて、
家族も痴呆と介護の知識を有している状況であっても、
支援を受けることはありますし、また受けるべきです。

 

何度か触れてきていますが、種類には、

・訪問
・通所
・短期入所
・福祉用具の貸与

があります。

 

これらを上手く組み合わせることによって、
効率のよい介護が受けられます。

 

 

複数の方法を利用する

このような支援は、何もどれか一つだけを選ぶ必要はありません。
むしろ複数の選択肢を持っていた方が有効です。
訪問介護を利用しつつ、
旅行などにいくときのために短期入所できる施設を
探しておくなど、工夫するのがよいでしょう。

 

このように、複数の支援体制を確保しておけば、
どこかの予約が一杯だったときは
ほかの手段を選ぶことができます。

 

これらの体制については、是非家族で話し合っておきたいものですね。
また、専門家の意見を参考にすることももちろんオススメです。


 

 

介護の悩みは1人で抱えないで!

介護


在宅介護を行うといっても、誰の助けも借りないというのは、

かなり大変ですし、どうしても途中でつらくなってしまいます。


介護は長く続くものですし、無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

介護サービスや介護付き老人ホームなどを利用するのも1つの方法だと思います。


もし、気になっているなら、一度お近くの施設やサービスから資料請求などしてみるといいですね。


その上で、よいと思えば活用すればいいですし、合わないと思うなら辞めればいいので。

大事なことは自分1人で悩みを抱えず、そして無理をせず、長期的に見て一番ベストな方法を選ぶことです。


絶対に「自分1人が我慢すればいい」という状態はダメです。

下記のホームページでは、お近くの介護付き老人ホームが簡単に検索できるので、よかったらチェックしてみてください。

 


>> 私も無料で介護の相談に乗ってもらう。