あなたの在宅介護をラクにする!


※ベッド、車椅子など人気の介護用品が格安で!

 

介護保険

「介護保険」という言葉を、まったく耳にしたことのないひとは
ほとんどいないでしょう。
しかし一方で、「では正確に説明してください」と言われれば、
多くのひとが答えに窮してしまします。

 

まず、介護保険には二通りの形態があります。
それは行政が行うものと、民間のものです。

 

 

行政が行うもの

介護

 

行政が行うものは、いわゆる「医療保険」に加入しているひとから自動的に
引き落とされます。
40代以上で、健康保険あるいは国民健康保険に入っているひと
全てが対象です。

 

65歳以上で介護が必要、もしくは40歳〜64歳で
特定疾病にかかっているひとがこのサービスを受けることができます。

 

訪問介護、デイサービス、ショートステイ、
周囲の環境の整備に対して補助を受けることができますから、
介護者の負担も大きく軽減されるでしょう。

 

 

民間が行うもの

介護

 

一方、「高齢社会が続いている今、
本当に行政の介護保険だけで安心か?」と
不安を抱くひともいるでしょう。

 

これはまったくその通りで、
可能なら民間の保険会社の保険に加入しておく方が
将来的に安心である、と言うことができます。

 

もちろん、「保険に加入しなくても十分な貯蓄が確保できる」
「世帯年収が1千万を超えているから、余過剰分をちゃんと貯金している」
というひとの場合は、そう問題になりません。

 

ただ、自分達だけで貯金をしていくというのはなかなか難しいもの。
結婚や出産を期に、保険の見直しをすることをオススメします。

 

 

介護保険の加入を検討するなら、『比較』が絶対条件!!

もし、介護保険も検討してみようと思っているなら、
資料請求や見積もりは必ず複数の会社からもらうようにしてください。

 

とりあえず見るだけだからと言って、1社だけしか見なかった場合、
まったく参考にならない可能性があります。

 

保険というのは複雑ですし、各保険会社によってまったく内容も異なっていますので、
しっかり比較して、検討することが大事です。

 

[PR]資料請求はこちらから→

 

 

 


 

 

介護の悩みは1人で抱えないで!

介護


在宅介護を行うといっても、誰の助けも借りないというのは、

かなり大変ですし、どうしても途中でつらくなってしまいます。


介護は長く続くものですし、無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

介護サービスや介護付き老人ホームなどを利用するのも1つの方法だと思います。


もし、気になっているなら、一度お近くの施設やサービスから資料請求などしてみるといいですね。


その上で、よいと思えば活用すればいいですし、合わないと思うなら辞めればいいので。

大事なことは自分1人で悩みを抱えず、そして無理をせず、長期的に見て一番ベストな方法を選ぶことです。


絶対に「自分1人が我慢すればいい」という状態はダメです。

下記のホームページでは、お近くの介護付き老人ホームが簡単に検索できるので、よかったらチェックしてみてください。

 


>> 私も無料で介護の相談に乗ってもらう。